MENU

老け顔になる!目のくぼみの原因

特に目が大きい人は目周りの筋肉負担が大きく、30代、40代になってから老化が進みやすく老け顔の年齢のイメージを持たれる印象をあたえてしまうことも。

 

チャームポイントの目をより強調させるためにアイメイクを凝りがちなのも老化を進める原因になりますよね。アイメイクはできれば専用のクレンジングで落とし、負担をかけた分ケアもしっかりする必須になってきます。また、スマホの見過ぎで普段から目を酷使している方、コンタクトレンズを常用している方も疲れやすいので都度、眼精疲労を取るのを怠らないようにしましょう。

 

それらのダメージが蓄積されて表面上に出てくるのが、「目のくぼみ」です。
くぼみ目とは、どういう状態かというと「まぶたがくぼんでいる状態」です。もう少し抽象レベルを上げてお伝えすると、「まぶたの皮膚が老化してハリが失われ凹んだ状態」ということです。

 

その原因は

  1. 老化による皮膚(まぶた)の衰え
  2. 睡眠不足・疲れ目の血行不良
  3. 目元、目の周辺の乾燥

が主な要因と言われています。

 

 

目のくぼみのせいでなんだか老け顔の印象に...何か対策はできないの!?

 

まぶたのくぼみ対策として、美容クリニックではまぶたにヒアルロン酸を注入して解消します。即効性はありますが費用もかかかりますし効果もずっと続くものではないので、できれば毎日のケアを習慣化して対策していきたいところです。

 

保湿を怠らない

まずは、これが基本です。

 

皮膚は自分でコラーゲンなどの美肌成分を作る働きを持っています。まぶたの皮膚も例外ではありません。

 

しかし、まぶたのくぼみがある状態の皮膚は、寝不足や年齢、目の過労などで本来の力を発揮できない状態です。肌の働きを活発にするためには、「保湿」がかかせません。目の周りのケアとして代表的なアイクリームも、肌の力を引き出してあげるための補助的な役割をしてくれるものです。

 

しっかり保湿をしてまぶたの皮膚が再生しやす状態を作ってあげる事が、まぶたのくぼみ解消の第一歩です。

 

顔のストレッチと筋肉の強化

目のストレッチと顔の筋肉を付けることで、まぶたのくぼみや顔全体のたるみを引き上げる事ができます。
顔の筋肉が整うことで、スムーズに血液循環ができる様になり血行がよくなります。

 

血行を良くする

寝不足でまぶたのくぼみが出ている場合、血行が悪くなっている事が多いです。滞っている血流を良くしてあげましょう。血流が良くなると美容に良いだけでなく、目がすっきりして気持ちもリラックスします。
目にホットタオルなどを当てて温めると良いですね。さらに効果を高めたい時には、目を温めたり、冷やしたりを数回繰り返すと血流が良くなります。

 

そして、これが一番大切なポイント! それが睡眠です。
血行を良くするには、睡眠がとにかく大切です!
時間がとれる時には、ゴールデンタイムと呼ばれる22時〜2時を含む睡眠を確保したいものです。短時間の睡眠であっても、このゴールデンタイムに睡眠をとるだけで、肌の状態も違ってきます。同じ4時間の睡眠であっても、1時〜5時まで睡眠を取るよりも22時〜2時までの睡眠の方が、肌のハリも頭のすっきりさもちがいますよ。

 

また、目元のトラブルでお悩みの方に多いのが肩こりです。
肩こりは女性の大きな悩みの一つですね。一見、関係ないようですが肩がこると全身の血流が悪くなり、疲れの出やすいまぶたは大きな影響を受けます。

 

まぶたのくぼみは、様々な要因で起こっています。しかし、寝不足で血行が悪くなり、まぶたのくぼみを誘発しやすくなるのも確かです。

 

肌の働きを活性化させ、まぶたのくぼみを改善するには十分な睡眠が大切ですが、それが難しい事もありますね。

 

そんな時は、ストレッチや筋トレ、ホットタオルなどの対策で目をいたわってあげましょう。

目元は皮膚が薄くダメージが出やすい場所なので、変化が見られたら早めのケア・対策が必要になります。
アイクリームなどのスペシャルケアでまぶたに栄養を与えるもの、一つの方法です。

 

血行を良くする方法と合わせて使えば改善も早いです。ただ、皮膚の薄いまぶたに付けるものだからこそ、アイクリームもしっかりとした成分、使用感を吟味する事が大切だと感じています。

 

これらの多くの専用アイクリームはお試し価格でトライアルセットが多くあるので、肌に合うかどうかをしっかりと見極めるのが大切になります。


若見えの秘訣

アイクリームの基礎知識

このページの先頭へ