MENU

老けて見える目元のたるみの原因は!?

日頃から美容液で、ハリやシワをエイジングケアしていても、ある時からどうしても改善できないことがあります。たるみは、スキンケアだけでは解決できない重大な原因があります。

 

それは表情筋の衰えです。

 

顔には30以上の細かい筋肉があります。他の筋肉と同じく、使っていないと衰えるばかりか、こわばって動かなくなってしまいます。普段よくしている表情が歳とともに形状記憶されてしまうのです。

 

 

加齢に対する表情筋の衰えに目元のたるみ...どうしようもないの?

 

普段無表情で過ごす時間が多い人は、表情筋が衰え、歳とともにそのまま筋肉がフリーズしてしまう減少がおきます。 普段から無表情や不機嫌な顔でいると、50歳頃からそれらの線があなたの「顔」になってしまうわけです。逆によく笑う人、表情がくるくる変わる女性などは、歳を重ねてシワが増えても、なんとなく若々しく見えますよね。

 

顔に下に向かう線があると老けて見え、同じシワでも上に上がる線だと、若々しく見えるのです。ためしに顔の絵に、目じりや口角に上に伸びる線を足してみてください。表情をよく動かすか否かは目の周りのたるみにもつながります。表情筋は全てつながって連動して動いています。

 

目元のたるみに関しては、特に現代の女性はスマホやテレビなど何かをじっと見ている時間が長い人が要注意。目の周りの筋肉が衰えやすくなります。この表情筋は皮膚の下にあり、皮膚の屋台骨となっています。表情筋が衰えると、その上にあるハリの失われた皮膚が崩れ、たるみが起こります。

 

目の周りのたるみに関して、もちろん皮膚自体の老化も一つの原因ですが、まずはこの表情筋へのアプローチが必要になります。

 

 


目の周りの皮膚はほかと比べて3分の1程の薄さ。外的刺激を受けやすく、とてもデリケートなのでケアは慎重に行わなければなりません。

 

また、繊細な目元に擦る、押す、などの強い力、マッサージはNGですが、顔全体に使うようなケア用品だと目だけ力を入れずに丁寧に、とはなかなか難しいのがわかります。

 

つい、頬やおでこに塗るのと同じ感覚、力加減で塗ってしまいがちです。
その点アイクリームなら、目だけに使う化粧品なので力を入れないよう意識して塗ることができます。

 

 

30代も半ばに差しかかり、アンチエイジングを本格的に始めたいのならアイクリームや目元美容液などのその部位に特化したものを取り入れることがベストです。

 

デリケートな部分だけに低刺激で仕上げている上、必要な成分だけを凝縮して配合しているので、不要な刺激は与えずピンポイントで効果が発揮されます。

若見えの秘訣

アイクリームの基礎知識

このページの先頭へ