MENU

老け顔の印象を与える要因

女性ならきっと誰もが、このような願望をお持ちではないでしょうか。

 

見た目の印象に関わる肌悩みのひとつとして代表的な「ほうれい線」。今回は、このほうれい線についてご案内します。

 

老けた印象を与えてしまう「ほうれい線」。ある程度の年齢を重ねた女性であれば、その多くが抱える悩みのひとつです。「しわ」の一種と思われがちですが、実はしわではなく肌の「たるみ」により出来ます。

 

では、なぜ肌はたるむのでしょう。肌がたるむ原因として、以下の4つのポイントが挙げられます。

 

  1. 皮膚の弾力やハリの低下
  2. リンパの流れが滞ってしまう
  3. 皮下脂肪の増加・蓄積
  4. 表情筋の衰え

 

加齢が大きく関わっているのは承知の通りですが、これらたるみをつくる原因は、うるおい不足、紫外線によるダメージなども大きな要因になっています。また生活のストレスも大きく関わっています。

 

簡単ケアの方法

 

たるみ、ほうれい線をつくる要因がわかったところで、どのようなお手入れをしていけばよいのかをご案内しましょう。

 

皮膚の弾力やハリの低下

内側からハリと弾力をもたらすコラーゲンやエラスチン繊維を増やしながら、太く丈夫にする。

 

リンパの流れ

定期的にマッサージをすることでリンパの流れを正常化し、滞らせない。

 

皮下脂肪

ヒアルロン酸や脂肪を増やしこけてしまった箇所をふっくらさせ、余分な脂肪は減らす

 

筋肉の強化

顔のエクササイズを取り入れ、緩んだ表情筋を強化する

 

マッサージやエクササイズは、テレビを観ながら、好きな音楽を聴きながらなど、いつでも簡単にできるお手入れ法です。
そのお手入れにおすすめしたいのが、毎朝のスキンケアにほんの数分取り入れるだけの「朝リフト」という習慣。寝ている間に修復が終わり、肌がリフレッシュした状態の朝が、肌を引き締め、引き上げるのに最も効果的な時間です。

 

ぜひ今日からすぐに始めてみてください。より一層、ほうれい線の目立たない若々しい印象のお顔を保てることと思います。


若見えの秘訣

アイクリームの基礎知識

このページの先頭へ